読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじゅうろうの覚え書き

不治の中二病を患っている中年男『さんじゅうろう』の他愛のない覚え書きです。10年後には立派な黒歴史になっているかもれしない。

千里の道も……。

【スポンサーリンク】

さてブログを開設して3日目です。前回は私の前の仕事の時に体験した不思議な体験を書かせていただきましたが、アレを書こうコレを書こうと書いていている内に脱線を繰り返し、最初の段階では公開されているモノの3倍を超える文字数になってしまい、『これでは何を書こうとしているか分からない』そんな状態に陥り、文章を削って、削って、ひたすら削って書いていたが後半の大事な部分は完全に力尽きてしまい、ほのかにグダグダ感が漂う文章になっていますね……。

自分の文章構成力の乏しさに愕然としている今日この頃でございます。

 前世紀のお話(強引な壮大感)

実はブログは初心者なんですが、以前……そうですね、考えてみれば前世紀(とか書くと壮大っすね)に趣味のホームページなどを運営していた時期もあり、キリ番がどうだの、チャットルームや掲示板やカウンターを設置させるためにフリーでCGIのプログラムを配布してるサイトを巡ったり、孤軍奮闘していた時期もありました。

「20時からチャットに入るからみんなで話そう!」なんて告知したりして…いい思い出ですよ。その企画は結局それから24時までPCの前で待機していて、誰も入って来ないから延々と独り言を繰り返し、最後の方は謎のポエムを書き込み始めた所で我に返って終了したんだっけ。(涙)

そうそう、掲示板とかも盛り上がっていました。よく書き込まれていたなぁ……

例えば……

『儲かる秘密情報!!簡単な作業で貴方の収入がとんでもなくUP!』

『1人で寂しい夜はコレで決まり!!!◯◯が◯◯◯でもう!あなたの……(自主規制)』

とかね…。(泣 (作業用BGMに聴いている村下孝蔵さんの曲が心をえぐる)

それでもあの頃はね『相互リンク』とか駆使しながら、地道にコツコツとやっていた為に少しづつですが閲覧数も増えて行ったりして、大変だったけど楽しかったですよ。誰かに見てもらうというは気恥ずかしさもありますが、そのドキドキが快感になったりするものですよ。(勿論、性的な意味ではありません)

 さて、どうするんだ俺!

まぁ、この様にブログを開設してみた訳ですが、この3日間のアクセス数はどれくらいあっただろうか?そういえば記事を書くことに集中しすぎていて殆ど意識しなかった……と言う事を思い出し、アクセス数をチェックしました。

 ………1人。………………1人!!!!

 いや…まぁ……。記事を投稿して新着に上がるのなんて一瞬だし、しかもその公開するのも明け方とか……『逆に人目につきたくないのか?』とも捉えられかねないですね。そもそも何処の馬の骨とも知れない中年の投稿なんて興味なんて湧かないだろうね。自分だったらスルーするからね。

逆にその1人の人がスゴイよ、勇者だよ!。

 しかしこのまま手をこまねいている訳にも行きません。人の目に触れることが出来るようなブログを目指さなければ!!と、色々と行動をし始めている訳です。

 まずは定番のTwitterだ!!そこで宣伝をすれば…………しまった!!フォロワーが6人しかいない!! 

そうだ…見る専門で自分では殆ど呟かないからな。これからはドンドン呟いて行こう。ついでにこまめにブログの宣伝をしよう。

 それならばFacebookだ!!…………しまったー、アカウントを取ったまま数年放置してる!!しかも本名でやっていて、ちゃんと経歴も入力したのにも関わらず、知り合いから申請が来ることとか全く無い!!

 ならば……ならば…他のブロガーさん達のブログを参考にして、人気の秘訣をGETだぜ!。

『ブロガーとしてのの収入が100万を超えた』

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!

そんな『儲かる系ブログ』ばかり目に入るよ!黒いよ俺!あの純粋に趣味のホームページを作っていた時の気持ちが!汚れちまったよ……俺。この出っ張ったお腹には真っ黒いものしか存在しないよ!。

でも、そうやって収入が……と言えるのも、アクセスが増えなければいけないお話なので、ちゃんと目を通してますよ…ゲヘヘ。

(作業用BGMに聴いているさだまさしの曲が心を更にえぐってくる)

 

……と、何故こんな事を書いているかというと、そんな無知な自分をここに書き記しておくことで、これから先、それが個人的な笑い話にならないものかなぁ…と言う心持ちがあり、10年位して読み返してほくそ笑むのが目的なのです。

 多分一番大切なことは地道にコツコツ続けて行くことなんだろうな…と思います。

さて、これからも頑張るぞ!千里の道も一歩からだ!

とりあえず、ここまで読んでくれた方……Twitterとかフォローしてくれたり、『読者になる』ボタンをポチッとしてくれると嬉しいです!勿論無理にとは言いません!でも、『青田買い』と言う言葉もありますからね、これからどう転ぶか分からない訳ですし(必死)。

 

それではまた次回!