読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじゅうろうの覚え書き

不治の中二病を患っている中年男『さんじゅうろう』の他愛のない覚え書きです。10年後には立派な黒歴史になっているかもれしない。

覚え書き日記 『片付けの途中に懐かしい漫画を見つけると片付けが終わらなくなる説』(2016・11/08)

【スポンサーリンク】

さて、平日と言うこともあって、今日の日記は夕方からスタート。

昨晩に黙々と書いて一晩寝かした本ネタのUPから始まります。

何かに追われていない時の日記って……いいっすね!

それではスタートです。

f:id:moge1967:20161109003337p:plain

さて、本記事……いや、今日は寝るか。23:59

さて、次の記事に言ってみようか……と思ったが、あえてココは寝ることにする。

まだ一週間は始まったばかりだからね。

 

いつの間にか机の前に突っ伏す 23:00

前回、21:00の部分を書いている途中で一気に眠気が襲ってくる。軽く机に肘をつき、軽く目をつぶったはずなのだが、そのまま寝てしまう。頬杖をついた状態で微動だにしない体制で一時間ほど、まったく体勢を変えずに寝るのはなかなかに珍しい。

ハッと目が醒めたら21:50と表示していいた時計が22:50と表示しているのを見て、ちょっと笑う。きっちり一時間。あまりにも綺麗に眠った。

 

ツルモク独身寮 21:00

食事を終えて風呂に入ってボーっとしていたら片付け忘れてる漫画本が目に入ったので

片付けを始める。本棚を整理しているとふと、漫画ツルモク独身寮 (全11巻)が目に入る。

どれどれと1巻をめくる。

いきなり面白い。懐かしい気持ちもあって、ペラペラとページを捲る。

そこから一時間ほどかけて5冊ほど読み切る。

やばい…片付けが全然終わらない。

 

さて、本記事投下 17:39

暗い話は置いておいて、昨日一晩寝かせた本記事を投下しました。

 

www.sanjyurow.top

この記事、実は最初に書こうと思っていたネタと全然違うんですよね。突然頭に浮かんで、放っといたら記憶から逃げてしまいそうなので一気に書き上げたネタです。

こういうのは逃せませんよ。がっちりキャッチしないとね。

練り込みすぎるとグダグダになっちゃいますからね。

勢いって大切です。

でも、勢いで書いたので1日寝かせて、じっくり誤字をチェック。

勢いで書くとマジで誤字が多くなります。

1番悩んだのはタイトル……w。 

  

 フェフ……… 17:15

そう言えば昨日の時点で言いかけてやめた話がありましたね。ちょっと間を置いてからじゃないと変なこと書きそうだったので、この話も一晩置いておいた。

 

昨晩、『月曜から夜ふかし』を観ていたが、最近は『フェフ姉さん』という人が人気ですね。

滑舌の悪さを売りにしているようですが、アレは少しだけ心がチクッとする。

 

大人になって、あんまり自分の滑舌の悪さを気にしなくなったのだが、子供の頃はひどく気にしていた。ちょっと舌足らずなところがあったので、上手に発音が出来なかった部分があったのだ。

 

子供は残酷だ。

そんな私を見つけては『◯◯って言ってみろ』と無理に言わせてそれを笑う。

遠巻きに見ていた女子数人がそれを見て笑う。

言えと強要して来る奴らよりも、遠巻きで私を笑う女子たちに私の心は傷ついた。

子供は残酷だ。

 

もう今はそんな事無いんだろうか?だとしたら良い世の中になったなぁ。

テレビから流れる笑い声を聞きながら、ふとそんな昔を思い出した。

 

こういう事を言うとテレビは直ぐに自粛し始めるが、実はそんなことは望んでいない。

そういうことは『近くの大人が教えるべきこと』だし、それは自分自身で考えなければ成長には繋がらない。

臭いものにフタをする世の中じゃなくて、臭いものを臭いと教えられる世の中であって欲しいんだな……これが。