読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじゅうろうの覚え書き

不治の中二病を患っている中年男『さんじゅうろう』の他愛のない覚え書きです。10年後には立派な黒歴史になっているかもれしない。

覚え書き日記『マインクラフトでちょっとしたトラウマに……』(2017・01/23)

覚え書き日記

【スポンサーリンク】

こんばんは、本日も夜からのスタートになっております。最近、夕方帰宅後はPS4の電源をすぐにつけてマインクラフトの日々でございます。1時間もやってると目がしょぼしょぼしてきますので、そこから『今日は何を書こうかなぁ…』とボンヤリ考えていたりします。

いつもは書こうと思っていることをスマホのメモに入力しているのですが、今日はスマホを使用していたので右手にペン、左手にスマホ、録画した番組を観ながらスマホも同時に観て、更にそのタイミングで夕食時間になったので、てんやわんやでした。

……と、もう厩戸皇子もびっくりの夕方の一コマを語りつつ、本日1月23日の日記をスタートさせます。

最近夢をよく見る 1:50

最近良く夢を見るのだが、夢を見る時は比較的眠りが浅いと言うことで、最近熟睡出来てないのかなぁ…と思ったり。

 

昨日見た夢とかも結構詳細に覚えていて…1本は『ピンク的な夢』でした。

何ていうか…もうね、ちょっと自分が欲求不満かよ?ってくらいな夢だったんですけど、この夢の面白いところは、さぁ!いよいよ!!!!と言う時に夢から醒める感覚がハッキリわかった所。

夢の中で『まだ!!まだから!!延長!!この夢、延長!!!』という雄叫びと共に目が覚めてしまう…というものでした。

 

そんな夢とか見ると、どうにも諦めきれずにもう一回寝直せば続きが見れるんじゃないか?と考え、寝ぼけながらももう一回寝ようとするんですよ。

男の本能ですかね?

 

でも、次に見た夢は全然舞台が変わっていて、「あー、コレ違うわ」っと、明らかに夢の中の自分のテンションが低い。

しかし、その2本目の夢には何故か?あのYouTuberのラファエルさんが登場するのです。

 

ビルの屋上で動画を撮影しているラファエルさん。

なんと徐ろにトレードマークの仮面を脱ぎ放ったんですよ。

『あ、ちょっとまずいんじゃないですか?あ、でも私は誰にも言いませんから!』

と狼狽える私に『良いっすよ!全開放っす!!』仮面をビルの屋上から放り投げるんです。

なんか私のほうが狼狽えちゃってビビってるんです。

『まだ早い!タイミング的にまだ早い!』と自分は目を伏せながら叫んでるけど、実は仮面の下の素顔にも興味があった私がスッと顔を上げるとそこにいたのは………

えなりかずき

「え……えなり…だと?…」

狼狽する私の前にもう一人のラファエルさんが登場して、「そんなことするわけ無いじゃないですか」と言われる。

要するに影武者がいて、その中の人がえなりかずきだと説明される。

最後に「実は影武者100人いますから」と言う告白とともにビルの屋上に大勢のラファエルさんがワラワラと登場した所で目が醒めた。

実は知ってる場所で、栄の丸栄とスカイルを繋ぐ連絡路が出てきたので、どちらかの屋上だと思うって……ツッコミどころはソコじゃない……ですよね。

なんてあんな夢を見たのかは1日経った今でも不明。

多分…私……疲れているんだと思います(笑)

PCゲームとニコニコ 23:57

私は基本的にパソコンでゲームをしない。以前から言うように私のPCのスペックが厳しいので、なかなかゴージャスな3Dのゲームとかに手出せないというのが大きな理由。

それでも、ブラウザゲームとかはやりますけどね。

 

そんな私が製品版を買ってまでやったゲームがある。もう2年前の話だ。

ゲームの名前は『Papers,Please』海外のインディースのPCゲームである。

やるきっかけになったのはニコニコ動画のゲーム実況者『キリンさん』の影響。

ニコニコを含めてゲーム実況は殆ど観ないのだが、何となくこの『キリンさん』に関しては変な癖が無くて、楽しく実況を観ることが出来るという事から、結構なタイトルの実況動画を観てきた。

この人の特徴としてはデモ画面とか挿入されるムービーシーンでは一切喋らない。

自分がプレイしてる時だけに低音のボイスで語り始めるのである。

語りのセンスもかなり良いので、落ち着いて実況動画を観ることが出来る。

ゲームプレイも鮮やかなもので、ついつい感心させられる。

何本かのソフトをこの人の影響で購入したくらいである。

 

そのプレイ動画中の1本がこの『Papers,Please』だったのだ。

折角なので全10本のシリーズの最初の1本のリンクを張っておこうと思う。

これを観て、どうしてもこのゲームがやりたくなって思わず購入してしまった。

 

プレイヤーはアルストツカという国の入国審査官に選ばれ、国境の検問所で入国の書類に不備は無いかを調べて、不備がなければ入国させて不備があったら入国を拒否するという役目。

検問所にには日々長い列が出来る。日々変わる情勢の中で書類を見落とすこと無く職務を全うできるか?と…大まかにいえばそんなゲーム。この辺りは動画をご覧いただければ一発でわかると思う。

 職務を遂行する中で爆弾テロに遭遇したり、謎の組織と関わっていたったり、どーしようないオッチャンがレギュラーで登場したり…舞台は検問所のデスクだけなのに色々なドラマに遭遇する。

このゲームをプレイしていると「本当にゲームは画質云々じゃなくてアイディアだよなぁ…」と関心させられる。

確かPC版以外にiPad版が出たと言うニュースを以前見たので、iPadをお持ちの方で未プレイの方は是非プレイして欲しいと思います。

タッチ操作のほうが間違い無く快適かと思われます。 

Papers, Please

Papers, Please

  • 3909
  • ゲーム
  • ¥960

 

本当はバリバリのゲーミングパソコンでグリグリと3Dゲームも楽しんでみたいのだが……

それはいつの事になることやら…。

最後にキリンさんのブログ「キリンブン」のURLを貼っておきます。

kirinbun.blog83.fc2.com

 

次の企画は多分…… 23:14

次の企画、内容はまだ明かせないが、仕込みの段階で数日間かかる可能性がある。

昨日あたりからプランAとプランBの二通りの方法を考慮している為の下調べ中。

 

考えてみると、本記事はオーディオ再生企画から暫くお休みさせて頂いたので、失敗のない用に入念に下調べを行っている。

 

あと、この企画に加えてもう一つ構想はあるのだけど、そちらは予算的にちょっとキツイので、来月…もしくは再来月になるかもしれにない。

 

その他だが、そろそろ『例のゲームハード』の事で少し書くかもしれません。

あと、お金をかけずに書けるような『妄想企画記事』もそろそろ動くかもしれません。

 

最近、ちょっと昼間のバタバタで日記メインになっていましたが、そろそろちゃんと動き出そうと思いますよ。

直近の企画は25日前後から動き出せそうなので、そのあたりに照準を定めて行動を始めようと思います。

また、追って日記などで報告するかもしれません。

期間限定ポイント 21:20

SoftBankの長期利用特典という物があり、1年に一回3000ポイント、他の月に500ポイントづつヤフーショッピングなどで利用できるポイントが付与されるというサービスに乗っかり、毎月500円以内の買い物をすることに……。

期間限定のポイントと言う事で貯めることも出来ないし、500円を割引して何かを買うのも踊らされてるようで嫌だ500円なら500円キッチリのものを買おうと心に決めてYahooショッピングのサイトを色々と探し始めた。

 

取り敢えずUSBメモリーかデジタルテスターで悩んだが、電子工作にはテスターが必須になる場面も多かろう…と送料込みで480円くらいのミニデジタルテスターを購入した。

Amazonの発送に慣れてしまったせいか、2日以上待たされるとちょっと心がざわつくが、今日やっと発送メールが来た。

多分、明日には到着するはずだ。どんなものが来るか楽しみです、値段が値段だけにどんなものが来ても動きさえすれば許せる。そんな気分です。

それにしても初めてYahooショッピングを利用したが、なかなか興味深いね。

398円の手帳型スマホケースとか……。98円のスマホのガラスフィルムとか……。

今から来月は何にしようかと、ヤフーショッピングのサイトを物色している。

 

 まず最初はマインクラフト  20:56

最近の私の日課の一つ『マインクラフト』。夜中に息子がバイトから帰宅してPS4をやるために、私は夕方から1時間くらいしか遊べない。

ですので取り敢えず夕方は1時間くらい私のマインクラフトタイムになっている。

今日は初めてクワをもって農業をしてみた。

小麦を作る為だ。

小麦を作って羊を呼び寄せて牧場を作る為に小麦を頑張ってつくる。

小麦を作りながら隣を牧柵で囲んで、牧場づくり…。

小麦が完成したら羊を小麦で誘導して柵の中に入れる。

最初は白い羊をGET。近場にいたので容易く柵の中に誘導できた。

次に少し遠いところで黒い羊を見つける。

黒い羊……黒ひつじ……という事でその黒羊には『セバスチャン』という名前をつける。

セバスチャンの誘導には少々手間取ったが、なんとか誘導完了。

暫くその状態にしていると……。

灰色の子羊が産まれる。

f:id:moge1967:20170123211033j:plain

子羊は中間色。

何とも心温かい光景だろう。私はもっと羊を増やしたいと思って、その後も黙々と羊を集めていた。

何頭か羊をあつめて柵が手狭になってきたので、拡張をすることに……

その時悲劇は起こる。

拡張しようとして柵を一コマ分壊したその隙間からオオカミが進入。

次々と羊を襲い始める。

1頭、また1頭とオオカミの毒牙にかかる羊たち。

柵の中には羊肉とウールが散乱する。

結局、柵の中が空になるまで本当に一瞬の時間だった。

六頭まで増やした羊は0になっていた。

柵の中にはオオカミが1頭………。

しかし、そのオオカミが後の相棒になるなんてその時は思っていなかった…。