読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじゅうろうの覚え書き

不治の中二病を患っている中年男『さんじゅうろう』の他愛のない覚え書きです。10年後には立派な黒歴史になっているかもれしない。

覚え書き日記『やばい!!朝日が…朝日が…』(2017・03/16)

遅くなりました。現在『本記事(改、メイン記事)』の方を書いておりますが、一ヶ月ぶりくらいなので、大変難航中。

普段の日記はユルユルでやっているだけに、どうも勝手が違う。(これは私個人の思い込みもある気がするが……一般的には『そんなに違いないんじゃ…』と思われてる?)

まぁ、錆びついた頭に油を差して頑張っています。画像だけは攻めていますので、完成をお持ち戴けると嬉しいです。

取り敢えずは毎日の日課であるこの日記も頑張りますからね。

では3月16日の日記をスタートさせたいと思います。

Amazonプライムビデオが直撃する 5:00

Amazonプライムビデオは時々こちらでも語っているのだが、このところ世代に直撃して目が話せないのである。

それは特撮モノ…。

仮面ライダー、ウルトラマンはもう物凄くメジャーで、語り継がれているので懐かしさで

言えば実のところそこまで懐かしいと感じない。

逆に子どもの頃に観て以来、この40代になるまで殆ど目にすることが無く、突然おぼろげな記憶を呼び覚ますような作品が最近Amazonプライムビデオに続々と登場してる。

何と言ってもこちらである

 がんばれロボコン

 子ども頃大好きだった、がんばれロボコン。『0点ロボット』『根性だけは人一倍のお手伝いロボット』ロボット学校の落ちこぼれのロボコンが奮闘する特撮コメディである。

一度リメイクされているので、ご存知の方も多いと思います。

当時物凄く『超合金モデル』が欲しくて親にねだったのを覚えている。

このロボコン、女優の島田歌穂さんがロボコンと同期のロビンちゃんと言う役で出演しているのは有名だが他にも見どころがある。

ロボコンがお世話になっている大山家のママが加藤みどりさん。そう、ササエさんの声の方である。ちなみにロボコンの声は山本圭子さん、サザエさんの中に出てくるカツオのガールフレンド花沢さん。ちびまる子ちゃんでの山田くんの声などで今の若い人たちにもお馴染みだと思います。

こうやって考えるとお二人とも本当に長くご活躍されているのが分かりますね。

子供の頃、ロボコンは根性特化型のマルチロボットというコンセプトは理解できたが、なかなか存在意義がわからないロボットもいた。

泥棒型ロボット『ロボドロ』は、犯罪ロボなのに何故?と思わされが、それ以上に分からなかたのが『ロボパー』というロボット。「ショックのパー!」と叫びながらバラバラになる以外、他に何もない………そこに込められた意味が全くわからなかったが、これも大人になると意外に分かってくる。要するにロボパーはピエロの様な存在で、コミカルな動きで人を笑わせる為に存在しているんだと、そしてそういう存在はこの世の中に必要な存在だと、大人になってみてみると、実に違う視点から観れて楽しい。

上記の紹介リンクは映画版のものだが、テレビシリーズもプライムビデオとして配信されたいる。

 

 

怪傑ズバット

www.amazon.co.jp

この作品における変身後、ズバットの状態はおまけのようなものだ。

それくらいに変身前の私立探偵・早川健(宮内洋)の個性は強烈である。

宮内洋さんといえば秘密戦隊ゴレンジャーにおけるアオレンジャーや仮面ライダーV3のイメージが強いのだが、その何処かキザでクールな二枚目というものを見事に継承しているのがこの早川健である。

悪役の前にクールに現れ、悪役がその得意技を見せつける。

そこで早川が言う。

「確かにあんたのその技は凄い………だが二番目だ」

すると悪役が言う

「そ…それじゃあ1番は誰だ!!」

そこで早川が口笛を鳴らしながら自分を指差す。

その後、その悪役が行った事以上の技を見せつける。

これが定番である。そこにしびれてしまった少年時代。それはまるで渡り鳥シリーズの小林旭を彷彿させる。

もうそんな変身前のキャラクターの個性が強烈な物語だった。しかし、その内にあるものは友の復讐と言った熱い一面もあり、なかなか侠気が熱い特撮モノだった。

ちなみにサブタイトルも特撮らしくないものが多いのでこちらも併せて見てみると楽しい。

 

実はこの他にも紹介したいものが沢山ある。でも、もう時間が無い(流石に朝にこのネタで行こうと思ったのは無謀・笑)ですのでもう少し下調べをして完全版としてメイン記事にしてみたいと思います。

確かに昔の特撮モノは今観ると陳腐に見えたりする事が多いが、子どもの頃は本当にそれがリアルに存在するものだと信じていた。そんな時代に触れて観るもの如何ですか?

 

追記:新しく配信が開始した『5年3組魔法組』は40代半ば過ぎの世代には堪らない。私と嫁が朝っぱらから深い溜め息をつく位に懐かしい…。

実はMAXは15キロ以上にあった…  3:32

私は太っている。若い頃は同じ身長で53kgくらいしか無かった。

何を食べても代謝が良く『自分は体質的に太らないんだ』なんて根拠もなく思っていたほどである。

しかし社会人になって、それなりに美味いものを食べる様な生活になって行くとともに

ズンズン…ズンズンと体重が増えていき、ウエストも風船が膨らむかの様に膨らんでいった。

最初に気になったのが首周り。

そこから腹、腕…と、ドンドン膨らんでいった。MAX時は体重計が一周したので中々のものである。

嫁さんの実家に行く度に言われる『来る度に太っていくねぇ…』という言葉が耳に痛い。

タクシーの運転をしてた時は『誰かに似てる』と言われれば、ほぼ高確率で『ホンジャマカの石塚さん』である。大体陽気なデブは一回は言われるのである。

こちらもこちらで『まいう~』という言葉を先に用意するくらいである。

だが、それから数年、確実に体重が落ち始めている。

MAX時から比べると15kgくらいは落ちている。(それでも太っているのだが…)

そうなって物凄く気になるのは『肌荒れ』である。

MAXの時はテカテカしていたのに体重が落ちると共にカサカサになって行き、肌の血行も悪くなっているせいか目の下のクマが酷い。

現在はLINELIVEなどで配信をしていることもあって、やたらとスキンケアを気にするようになった。

でも…スキンケアの乳液などなど、女性が普通に使用しているものは実にお高い。

取り敢えず『洗顔』だけは欠かさずに1日に複数回行っているが、それも劇的に肌が変わるという事が無い。しかし、これを辞めると多分、更に肌荒れが酷くなっていく事、間違いない。

今後は加齢の影響もあって、ドンドン肌が荒れていくんだろうなぁ…と思うと良い気分はせず、良いスキンケア商品は無いものかと探している最中である。

最近、間食も殆どしない、食事も量がドンドン減っていっている。

なかなか落ちない肉も確実に削ぎ落ちるだろうと思うと、その後にやって来るであろう肌荒れへの恐怖はなかなかのものである。

ただ、一度ついてしまったお腹の肉はなかなか落ちないなぁ…そうなるとお腹だけポコンと出てしまって不格好になるなぁ…と…。太っていく時も色々と思うところがあったのだが、痩せていく時にもそれなりにある事を最近思い知らせれている。

久しぶりに雑誌を購入   0:45

実に久しぶりに週刊誌を言うものを購入。普段読まないのにこのタイミングで読むというのにはきっかけがありまして……買った雑誌はこちら

f:id:moge1967:20170317015701j:plain

突然買った理由はこちら…

f:id:moge1967:20170317020257j:plain

間違えました……

カッチカチとか別に読まなくてもいいからね!

いいからね!!!

いいんだからね!!

 

本当の理由はこちら…

f:id:moge1967:20170317015819j:plain

ええ、私はいつも通りですよ。カブキンさんのファンですよ。

しかも私がトンデモなく興味を引く話題で語っておられる。

もうね、全くその通りですよ。

そうです、この記事を出てることをカブキンさんのTwitterで知って買いに行ったのです。

 

それはそれとして、購入したからには隅から隅まで読むのが私の流儀。

カッチカチもアレやこれもガッツリ読む。

タッキーが35歳とか見て、膝から崩れ落ちる嫁を横目に色々と物思いにふける。

「私の…私のタッキーは10代……」

とか言っている嫁に微笑ましく思い。耳元で自分たちの年齢を囁いてあげた。

 

何はともあれ雑誌は良いですよね。ガッツリ読みふけるわけでも無く

ちょっとした話のネタには最適。

ネットの様に自分の興味で見に行くでは無く、興味が特に無いことでも、なんとなくパラ見する事で新しい興味のきっかけになる。

それに買わないと袋とじ開られないですからね。

袋とじ…散々期待させておいて、最後には心を削りに来る袋とじ……。

どのタイミングで開けようかな…。

 

ただ、毎号毎号買ってると結構な出費になってしまうんだよなぁ…。

最近、雑誌が月額で読めるサービスとかあるけど、アレがちょっと気になってきた。

でも、そうやって月額定額サービスも積もり積もると結構な出費なるしなぁ…。

ただ、こういった知識と興味の入り口のようなものは欠かしてはいけないような気がする。

 

 児島競艇場で今年最初のSG開催中! 21:27

ただいま岡山県の児島競艇場で今年最初のSG競走である『BOATRACE  CLASSIC』が開催中!

本日は全6日間の2日目までの競走が終了しています。私の狙いは5日目の準優勝戦からなので、まだ少しだけ余裕があります。

初日から3日目までは各選手の様子を確認するために様子見する事が多いですね。

そこら辺までの状態を加味しながら4日目ぐらいから動き出す感じです。

 

児島競艇場は瀬戸内海の一角にあり、干満の潮位差は約2m、潮位の変化もレースに影響すると言われています。

満潮時間は差しが有利とも言われていますね。

風の影響は少なくて穏やかな水面らしいです。

手元にある資料によると児島競艇場で出やすい3連単の目は…

1が頭の場合 1-2-3  1-2-4

2が頭の場合 2-1-3  2-1-4

3が頭の場合 3-1-4  3-1-2

4が頭の場合 4-1-2  4-1-5

5が頭の場合 5-2-1  5-1-3

6が頭の場合 6-1-2  6-1-3

______らしいですので、舟券の参考にしてみては如何でしょう。

 

さて、私のSGにおける密かな楽しみの一つに公式ホームページスペシャルインデックスのフォトギャラリーがあります。

BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE | スペシャルインデックス

ピットでの各選手の様子が個別に収められていて、毎回楽しみにしています。

ピット内で選手達を笑顔で語らっているオフショットなども多数あり、選手をもっと身近に感じたいという方にはオススメ。

競艇界にはイケメンが多いですからね。そういったイケメン好きの皆様にもおすすめです。

(私はそのレースっぷりに惚れる派ですけど……。)

 

ギャンブルと言う側面を除いても、色々な角度から楽しめる競艇のお祭りみたいなものですから、あまり興味が無いという方もどこかで心にヒットする事があるかもしれませんので、是非一度ご覧になると良いかと思います。