読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじゅうろうの覚え書き

不治の中二病を患っている中年男『さんじゅうろう』の他愛のない覚え書きです。10年後には立派な黒歴史になっているかもれしない。

覚え書き日記『OKONOMIYAKI of the DEAD』(2017・03/30)

今日は早めに家に帰って、やることを終わらせて、深夜にはLINELINEの生配信だ!と意気込んでいる。そんな訳で少し早めに家に帰ってきて、いざPCの前に……。

これは久しぶりの平日日記5時スタートか?と思いきや、その時に景気づけに流した作業用BGMがマズかった。

そもそも景気づけならどれだけでも陽気で愉快な曲があるだろうに、チョイスした曲はまさかまさかの『地獄少女・オリジナルサウンドトラック』

完全に曲の雰囲気に流されてしまい、そこから爆睡。19時頃まで眠ってしまうとという失態。

本当に……『いっぺん、しんでみる?』の気分である。

そんな訳で3月30日の覚え書きでございます。

面白そうなネタをクラッシュする方法 0:41

先程Twitterのモーメントでこんな話題を見た。

「正直『忖度』が読めなくて●●って読んでいました」

最近よく耳にする『そんたく』である。

 

『忖度=相手の気持をおしはかること』まぁ、なかなか聞かない言葉である。

いわゆるあれだ…『空気を読んじゃう』ってやつですね。

 

自分の人生で一度も使ったことの無い言葉なので、本当に全く興味が無かった。

むしろ私の中では『そんたく』と言う言葉で無駄に中国大陸が広がり

『そんたく?それどこの三国志の武将?』という気分である。

 

おっと、これはこれはちょっとしたネタトークに使えるのでは?などと考え、私の中の謎の武将『そんたく』について想いをを巡らしていた。

 

『うん、やはりそんたくと言うぐらいだから孫、いわゆる魏・蜀・呉の三国志の世界で言えば呉かな?』

なんてそんな事を考えていた時、そばを息子が通ったので、少し聞いてみようとした。

 

「ねぇ?やっぱり『孫』と言えば呉でしょ?」

息子はこう言えばよかったんだ『まぁ一般的に言えばそうだよね』……と。

しかし息子は違った。

「それは間違い、孫が呉という考え方に固執すると恥をかくよ……そもそも孫堅の時代にはあ、孫権の親ね…呉ではなく……なんたらかんたら」

「なんとらからんたら、なんたらかんたら…なんたら…なんたらかんた」

 

もうねお父さんには君が何を言ってるかわからないよ…。それにそもそもそんなことはどうでも良いんだ、こう…なんていうか一般的な…ね…この話の出発点自体どうでも良いこと何だからね…

 

そんな感じの事を言うと

「そんないい加減ではいけない!なんたらかんたら…なんたらかんたら」

 

うん…もういいや…。この話でわかったのは君が中国の歴史にも詳しいと言う事だけだからね…。

あと、どんな面白いと思ったことでも、こうやってマジレスで返せば全然面白く無くなることも改めて知ったよ

 

私としてはちょっとした笑い話のつもりである。そんな気持ちはこの延々と語られる説明の中で、いつの間にかすっかり萎えてしまっている。

 

あるよね…こういう事。

ちょっとネタ的な話をすると、すぐにマジレスで返してくるやつ。

私の友人にもいたわ…。

とにかく、いきなり専門的な話をして話の腰を見事にポッキリ折ってくるやつさ…。

 

ちょっと気になった事に少しでも自論を入れると、無駄に知識で返してきてマジ話を始めて気持ちを一気に萎えさせるんだよな。

なんていうのかなんでもかんでも否定で返してくるヤツさ…ちょっと困っちゃう。

もう、そうなると話のオチもクソもあったもんじゃない。

無粋なことこの上なしである。

 

 

まったくホント、少しは忖度しろよ…と。

 

 

 

あ、オチた…。

 

OKONOMIYAKI of the DEAD 22:44

私は結構そのガタイに似合わず少食である。

お菓子など間食もしなければ、ご飯だって茶碗に一杯に見合ったおかずがあれば十分である。

好物は名古屋人らしく味噌カツ、スガキヤのラーメン、そして唐揚げ、牛丼などが頭に浮かぶか、唐揚げは2・3個で満足だし、その他も人並みに食べれれば問題なしである。

そんな私がリミッターが完全に外れる好物が存在する。

『お好み焼き』である。

お好み焼きだけは完全に食べる量がおかしい。

例えばスーパーにうってる具材入りのお好み焼きのカップ。『おはなはん』など有名なのかもしれない。

www.ohanahan.co.jp

コチラの商品は1カップで2人前と言われているが、明らかにそれでは足りない。

間違い無く2カップ、いわゆる4人前をぺろりと行ってしまう。

それでもまだ満たされない時がある。

 

他にスーパーで売ってる出来合いの100円お好み焼き…これもちょっとヤバい。

取り敢えず3つは確実に買ってしまう。当然、満たされない。

 

コンビニで売ってるお好み焼き?もうおせんべい一枚程度の感覚である。

 

たこ焼きやお好み焼きを焼いて提供してくる様な…いわゆる『おやつ処』的なところのお好み焼きは基本2枚、そして更にそこからみたらし団子2本はいけてしまう。

 

あと、最後に鉄板焼きで自分で焼くようなお好み焼き屋さん…。

これも二人分でなんとか…という感じ。(これは予算的なリミッターがかかる)

昔、『カレーは飲み物』とか言った大食いタレントさんがいたが、

私に取ってのお好み焼きがそれで…まさしく『お好み焼きは飲み物』なのである。

 

ただ、いつもという訳ではない。本当にタイミング的なものなのだ。

ある日、突然無性にお好み焼きが食べたくなる時がある。

何の脈絡も無く突然にである。

そんな時はほぼ確実に満腹中枢のリミッターが外れいている。

時と場所など関係なく、食欲という欲望を満たそうとする。

 

それ以外は至って人並みなのだ、

そして、こういうものを本当の好物と言うのかもしれない。

 

現在、少しダイエット中である。この突然湧き上がる欲望が訪れない事を祈っていたが、

今日の事である。それがやって来てしまった。

まずい…これはマズイぞ…と自分でも自覚していていたのだが、二枚のお好み焼きを吸い込むように食べてしまった…。

これはちょっと困りものである。

f:id:moge1967:20170330231943p:plain

 

 

 

明日話したい…?明日は何の日?  20:30

今まで『今日は何の日?』とかを最初に書くことが多かったが、更新時間的に 『あと数時間で終わってしまう日について書くのは如何なものか?』と常々、疑問に感じていたので、今回はちょっどだけ趣向を変えて、明日は何の日?と言うことで書いてみたいと思います。

これで、学校や職場などでの話のネタが一つ増えますね。

・明日、3月31日はオーケストラの日

日本オーケストラ連盟が2007年に制定。『耳に1番』→『ミミ(33)に1バン』という語呂合わせらしいです。

へーーー。そうなんだ………頑張ってください(コレ以上に書きようがないですね・笑)

3月31日 オーケストラの日2017 | インフォメーション | 公益社団法人 日本オーケストラ連盟

・実は3月31日という事で結構期待していた

実は私は1年という期間の終わりを強く感じる日が2つある。

一つは紛うことなき12月31日『おおみそか』。

この日は日本全国が1年の終わりを感じ、新年への気持ちを多かれ少なかれ感じる日ですよね。国を挙げての『行く年』を感じるムードが物凄い日です。

そしてもう一つが3月31日。

コチラのほうが実は生活には密接に関わっているような気がします。

入学、進学、異動などそれぞれの生活が一変してゆく年度最後の日。

翌日からは『新年度』でございます。

でも、12月31日は『おおみそか』なんて立派な名前があるのに、3月31日にはそんな前はありません。

『これって寂しくない?』と、ふいに考えてしまいました。

なんかこう……3月31日という年度最後の日を飾れるような素敵な名前は無いものだろうか?

そんな事を考えてしまいました。

 

しかしながらネーミングセンスに自信が無い私です。浮かんでくるのは『LAST DAY』とか『最終日』とか『終末』など、明らかにネガティブイメージの塊のようなもので、こう…なんというか『今日から明日に向っていく為に』っぽい言葉が浮かんできません。

 

何か年度末の最後を飾るような、それがつい国民的な認識になるような素敵な3月31日の呼び名は無いものでしょうかね?

 

ちなみにここでは敢えて一斉触れないようにしてきたのですが、もう一日、1年の区切りを感じる日があります。

それは『日本ダービー』の日です。この翌週から新馬戦がスタートします。そうやって新しくデビュー果たした若駒達は1年かけて『日本ダービー』と言う大舞台を目指します。

競馬の世界では、日本ダービーの日が1年の区切りとも言われる程の日なんですよ。