読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじゅうろうの覚え書き

不治の中二病を患っている中年男『さんじゅうろう』の他愛のない覚え書きです。10年後には立派な黒歴史になっているかもれしない。

覚え書き日記『いいかい?カワイイは正義なんだよ』(2017・04/21)

このところ、うっかりのミスが多い。例えば天皇賞の日程を1週間違えていたり、『Mステ観るぞ、オースティンが出るからね』とテレビの前でワクワクしていたり(実際は来週)。

そう言えばこの日記も数日前、タイトルを一切入れずに更新したり……。

あと、テレビから知ってる声が流れてきて『おや?』っと思ってその声の声優を思い出そうとしても名前が出てこなくて、ただの物忘れなら良いのだが、そこから気持ちのザワザワした気持ち悪さが収まらなかったり…。

余裕が無いのか、気持ちと実時間にズレがあるのか、もしくは身体の変調か?

何せよ、あまりいい傾向でない。

頭をどっかでリセットしないとイケないなぁ…と思いながら今もこの日記を書きながら自分自身を振り返っている。

……という訳で4月21日の日記をスタートさせたいと思います。

ミニスーパーファミコンの噂2 4:11

噂が噂を呼んでもう収録タイトルの事が頭の中を渦巻いている『ミニスーパファミコン(仮)』だが…

www.itmedia.co.jp

こちらの記事を見ると現在の所、発売に関しては『コメントは差し控える』という状態。

肯定も否定も指定ない状態である。肯定も否定もしていないなら、ファンサイドからみたらもう『発売決定』みたいなものだ。収録タイトルの妄想が止まらない人も多くいると思う。

私もその1人である。

そこでちょっと収録されそうなタイトル及び収録して欲しいタイトルを考えてみた。

 

まずは…

スーパーマリオワールド

これは鉄板だと思うスーパーファミコンのマリオの代表作でもあるこのタイトルが入っていなくてファミコンミニは成り立たないだろう。本当はスーパーマリオコレクションも入ってると尚良いと思うのだが、あまりマリオマリオで重複出来ないだろうし、一本選ぶとしたらどっち?と考えたらスーパマリオワールドになる。

 

星のカービィースーパーデラックス

ここは『星のカービィー2』や『星のカービィー3』でも良いのだろうけど、やっぱり人気を考えたらこの『スーパー・デラックス』だと思う。

簡単なミニゲームも多く、世代を越えて遊べる一品だと思う。

 

スーパードンキーコング

当時では上位レベルグラフィックでアクションなどのギミックも優れていた。

これは私の息子の話だが、彼が4歳の頃。初めてゲームを手にしたのもこのスーパードンキーコング。既にその頃は次世代機Nintendo64も発売されていたのだが、我が家では絶賛稼働してたスーパファミコンで必死に遊んでいたのを思い出す。最初はジャンプの仕方がわからないと投げ出しそうになっていたが、それを教えるとスイスイとクリアしていき、2日後には全部の面をクリアしていた。その後はメキメキとゲームが巧くなり、子どもの集中力って凄いなぁ…と感心させられたのを覚えている。ちなみに私は途中で放り出してしまった。

 

F-ZERO

レースゲームでよりスーパーファミコンを意識したいならこのゲームだろう。スーパーマリオカートと悩んだのだが……。

実はこのゲーム発売当初はあまり売れていなかった。当時は本体と抱き合わせで買わされるという事が多かったため、このF-ZEROかもしくはボンバザルというゲームが抱き合わせられると言うお客さんも多かったのでは無いだろうか?

しかしこのF-ZEROパッケージの濃さで敬遠され気味だったのだがいざ蓋を開けてみると面白い。タイムアタックといえばマリオカートが有名だったが、実はそれよりも早くにこのF~ZEROでのタイムアタックがかなり盛り上がったのを覚えている。私の好きだったのはサムライゴローのファイアースティングレイがお気にい入りである(ピンク?のやつね)

 

ファイアーエムブレム 紋章の謎

ファミコンからのリメイクだったが、これが実に…素晴らしいリメイクだった。

オープニングとデモ画面で1日過ごしてしまったくらいに当時は素晴らしいと絶賛したものだ。ファイアーエムブレムはまずコレをやれ!という一本。今での家にあります。

 

MOTHER2

もしこれが収録されていたら…多分、ミニスーパーファミコンの入手率はかなり困難なものになるだろう…と言う名作中の名作RPG。

その開発エピソードも既に語り草、完成までに5年を費やしたがとの途中で開発が頓挫しそうになった時、当時HAL研究所(HAL研)の社長だった岩田聡氏(前・任天堂社長)が「今あるものをそのまま作れば2年かかりますが、1から作り直すのであれば半年で出来ます」と開発に参加した作品としても有名である。

正に現・任天堂の魂の様なRPG。

 

ゼルダの伝説神々のトライフォース

発売日のことを今でも覚えている。とにかくお客さんが殺到して大変だった。何しろ2日くらい前から無いか?無いかの問い合わせで、てんやわんやだった。

実はその対応に追われてしまい、私がこれを腰を据えてプレイできたのは発売から半年くらいたった頃だった。

中古ソフトの回転率もかなり高かったソフトですね。

 

ああ…あと印象的だったスーファミで爆発的に売れたのは「ストリートファイター2」。当時は押しも押されぬ格闘ゲームブームでしたし。丁度アーケードのスト2の改良版(ダッシュ)がアーケードに登場して、その要素も含んだ移植版がダッシュの2ヶ月後発売ですので売れた売れた。そして私も遊んだ遊んだ……。

私の押しキャラは「ブランカ」。当時はまだアーケードのスペックが高く、移植版はちょっとパワーダウンを余儀なくされていたが、この作品に関しては実に上手な移植だったと思います。このソフトも収録されたら良いな…。

 

あと上手な移植といえばナムコから発売されていた『コズモギャング・ザ・ビデオ』もかなりお気に入りの移植ゲームだった。

 

ああ、もう止まらないから強制的に止めます。まだあるんです…シムシティとか…

これはキチンと発表したらメイン記事でソフトの思い出込みで記事を大放出しないと収まらないな…。正式に発表されたら大特集でいきます。

 

 

最後に…『これが入ってたらいいなぁ…』と思うけどマイナーすぎて流石に無理だろうと言うソフトを一本…。

当時から『カワイイは正義』だった自分が何のためらいも無く購入したゲーム。

 

『あさめしまえにゃんこ』


【SFC】可愛い猫のゲーム あさめしまえにゃんこ

YouTubeすげぇ…あるんだ動画。

 

流石にこれは収録されないだろうなぁ……(笑)

すっごいお気に入りのゲームだったんだけどなぁ…。

小さい子にはちょっと難しくて……なんていうかオススメ対象年齢が難しいソフトでした。

私は大好きだったんですけどね…販売する立場からすると…。

 

ふ…止まらない妄想をネタに書いていたら…もう朝になってしまったよ…。

 

 

カワイイは正義  2:27

ネットでネタを探しながらフラフラと徘徊していたら、いつの間にかハマってはいけない底なし沼にハマっていた。

一回見始めると止まらないのがプライズ景品や一番くじ、Amazonのぬいぐるみカテゴリなどのページ。

本当にここ数年のプライズ景品や一番くじの商品は出来とても良い。

まず目に止まったのがこちら…

www.bpnavi.jp

一番くじのカービィ25周年記念のものである。

こちらは4月26日(水)からコンビニなどで順次発売されるらしい。

景品一覧を見たのだが、これが実にハズレ無し。A賞の40センチのぬいぐるみ…B賞のワープスタークッション…、そして他の賞…多分どれを引いても当たりである。それくらいに商品のクオリティが高い。実に30分ほど景品の特設ページでボーッと眺めてしまった。

 

我が家は『カービィ』『ニャンコ先生』には特に弱いのだが、最近では『リラックマ』にもハマりつつある。

『カワイイは正義なのだ!』

さて、次はカービィーと来たのでニャンコ先生である。

www.prizebp.jp

一番くじやプライズの景品ですっかりおなじみのニャンコ先生。我が家では財布のヒモの堅さで定評のある我が家の嫁の財布の口のがガバガバになるくらいの破壊力を持っている。

上のリンクはここ最近のプライズの景品予定などをまとめられた公式のページなのだが、4月18日から順次ゲーセンなどに配置されている『めちゃでかいぬいぐるみニャンコ先生よそ見』などの情報を少しでも耳に入れようものなら大変である。月末の食費がピンチになることが間違い無しなので…少し黙っていようと思う今日この頃です。

 

最後にAmazonのぬいぐるみカテゴリ…これがヤバい。点数が多いのでもう一苦労。

見出したら帰ってこれない出られない。と、いう訳で日付が変わってからずっとAmazonのサイトを眺めていたのですが…。

ちょっと気になる商品を発見。

 

MimicryPet ミミクリーペット ポメラニアン 全長12.5cm

MimicryPet ミミクリーペット ポメラニアン 全長12.5cm

 

 いやぁ……胸の奥の方で『きゅん♪!』っていい音したわ……。

ぬいぐるみとはちょっと違うかもしれないが、これはタカラトミーアーツから発売されている『ミミクリーペット』のシリーズのひとつポメラニアンである。

ミミクリーペットといえば、人の話した言葉を繰り返す機能がついており、そのオウム返しの効果がついつい人を笑顔にさせてしまうおもちゃ。

ちょっと前にテレビで紹介されて火がついて、入手が一時困難になる程だったが、最近では普通に手に入るようだ。しかも…こんな可愛いポメラニアンなんて……もう、何がなんだか良くわからないよ!Amazonでの価格は4月22日現在で2,345円とお買い得である。

 

そして4月22日現在残り一品で超お買い得のミミクリーが存在する。

 

MimicryPet ティーカッププードル スイートミルクティ

MimicryPet ティーカッププードル スイートミルクティ

 

 ティーカッププードルが1600円である…。実はこれは残りが1点のみなので、多分この値段で買うことは難しいかもしれない。プライム対象商品です。

 

ここからはおまけ。

実は私の家に古くから我が家を守る可愛い守護神がいる。

f:id:moge1967:20170422033259j:plain

カービィー様である。

コレを買ったのが多分、カービィのアニメが終わって直ぐだったので2003年あたり、今から14年くらい前になりますか…イオンのおもちゃ売り場でこっそり商品入れ替えのワゴン入りしていたモノを救出したのだ。確か500円だったと思う。

音に反応して喋って動く人形で、なんど癒されたことか…。

挙動も一応Twitterに上げましたので、そのリンクを貼っておきます。

あれから早くも14年近く経つが現在も絶賛稼働中である。

 

カワイイは正義だな…。

困った、一切ハマれないアニメ 22:24

今、世間で物凄く話題になっている…と思われる『けものフレンズ』と言うアニメに全くハマれない。登場する動物がいる動物園はちょっと盛り上がりを見せたり。先日Mステに同アニメのOPを歌ってるユニットが登場した時もネットの話題でその事でもちきりだったのは知ってるのだが……これがハマれないのだ。

でも、2回ほどチャレンジはしたんです。契約してるdアニメストアの見放題リストに入ってましたら。

あれだけ話題になっているのなら、なにかしらきっと…こんなオッサンにも興味が惹ける場所があるのかもしれないと…。

OPでコンセプトデザインが吉崎観音先生だということを知る(なるほどケロロ軍曹…)。

あの話題になったOP曲は大石昌良さんが手掛けたことを知る。(お…なんか期待が…)

本編……開始20分辺りで爆睡…。そのまま物語は進んでいったらしく目が覚めたら8話辺りがやっていた…。

うん、私が疲れてたんだな…えっと、このカバンちゃんというキャラが図書館に行きたいんだな…なるほどなるほど…。

日を改めて再度挑戦。前回は1話目の途中で寝てしまったので、申し訳なく思い再度1話から……

2話目の途中で爆睡…。何故だ?視聴が続かない。

うん…何故だとかじゃなくて…正直『退屈』なのである。

ここって言うハマりどころが見つけられない。コンセプトデザインが吉崎観音ならば吉崎感が少しでも残っているかと言えばなんかのっぺりした感じのCGだし、きっとここが良いんだと言うセールスポイントののんびり感はただの退屈な感じ。

いや…きっとアニメは面白んんだろう。若い人たちにはね…。

でも何故か自分がハマれないのだ。コレにはアニメ云々より自分が焦った。

感覚がズレてきてる……と。

ちょっと前の自分ならサッと全話視聴して、その翌日には嫁さんに「君はおさるさんのフレンズなんだね?」とウザイくらいにまとわりつき終いには嫁にぶん殴られると言うおきまりのイベントが我が家ではあるのだが、今回はソレをしようとすらしていない。

もしかしたら『昨今のアニメに興味が無くなった?』と思ったが、『信長の忍び』は3分アニメにも関わらず毎週録画してしっかり観ているし、今季アニメのエロマンガ先生も大好きだからソレも考えづらい…

ただ、単純にハマれないのだ…。

でも、まだ希望は残されている。結局のところまだ全話視聴していないのだ。

まずは全話観てからである。話はきっとそれから何だと思うのだが、次回で挑戦3回目……。

自分が観る気持ちになるのかが物凄く疑問な所……。

このまま自分は動物たちとフレンズになること無く終わってしまうのか?

それが今、試されようとしているのだ。

 

(ここまで書いて言うのもなんだけど……なんだこれ?)