読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじゅうろうの覚え書き

不治の中二病を患っている中年男『さんじゅうろう』の他愛のない覚え書きです。10年後には立派な黒歴史になっているかもれしない。

覚え書き日記 『どん底競馬』(2017・04/22)

いやぁ…土曜日です。毎週土曜は私だけの時間が止まる感覚。世の中は常に止まらず動いているのにね。

今日は朝まで起きていて9時頃に就寝、お昼過ぎに1度目を覚まして、15時から競馬をテレビででボーッと観ながら、また眠る。

正に至福の時、枕だけが私の相棒である。何も悩まない、何も考えない、嫌なことは一切観ない、なんかやることがあるような気がするが、一切手を出さない。ただ眠る。

週に一度はそんな日があっても良いような気がする。それが可能な時と可能じゃない時はあるのだが、それが出来る時はあれこれ悩まずにグダグダの1日を過ごす事、それも大切な1日だと思います。

と、言うことでいつも以上にグダグダの4月22日土曜日の日記、スタートです。

フローラSと読売マイラーズC 1点買い勝負! 2:23

-フローラS-

現在23日の2:23。オッズをみて驚く。一番人気が2.5倍でホウオウパヒューム。完全にノーマークだ。え?なんか素質馬なの?ファンディーナみたいな素質馬なの?

と困惑が隠せない。

しかし…今回は1点である。私はもう昨日から決めていた馬がいる。

今回の本命は…

5枠9番アドマイヤローザ(現在4番人気12.1倍)

もうね…アドマイヤグルーヴ、エアグルーヴの流れなら…もう買うしか無いじゃん。

私のノスタルジー脳が爆発しそうだよ。

 

相手は…

7枠14番のフローレスマジック(現在2番人気4.7倍)

実績は大事だよ、うん、大事。それだけで安心感があるからね。

…ということで、馬単で5-14の1点買い(45.8倍/2:34現在)

気になる馬はあるんだけどね…ディーバワンサ、タガノアスワド、ヤマカツグレースとかね…。今回は1点しか買えないから、頑張って他馬を見ないようにしていますよ…。

 

 

-読売マイラーズC-

今回の頭。そろそろデムーロが来そうなそんな予感がしてますよ。

瞬発力で勝負するならエアスピネルよりブラックスピネル…そんな言葉を信じて、そしてちょっとでも逆転できそうなオッズで……。

今回の本命は

7枠8番ブラックスピネル(現在3番人気4.8倍)

そして対抗は……

8枠11番イスラボニータ(現在2番人気4.0倍)

そして…

4枠4番エアスピネル (現在1番人気3.5倍)

もうこの上位3頭の組み合わせが濃厚すぎます。なんとかフィエロあたり意識しようとしたのですがやっぱりこの3頭。

そして買い目は3連単で8-11-4で現在35.1倍。

ああ…もうちょっと買い目を増やしたい…。いくら上位3頭が…と言ってもここからの入れ替わりは十分あると思うのだ。でも私は今週それが出来ない…。

また連敗記録が…伸びちゃうのか?

1点買いなんて…1点買いなんて…1996年の有馬記念、サクラローレル-マーベラスサンデーに1点10000円入れて以来の事だ。

あの時は運がよく当たったけど…今回は…自信がないなぁ…。

 

 

 

ああ…競馬がやりたいなぁ… (茶番) 1:58

今週の予算は無い…ああ…淋しいなぁ…。と思っていたら、嫁がコッチをしきりに見てる。

なにかと思ったら…

f:id:moge1967:20170423020646p:plain

ヤバい…女神様降臨か?と急いでスマホをチェック。

f:id:moge1967:20170423020749p:plain

2…200円…マジか?

f:id:moge1967:20170423020839j:plain

必死で目で訴える私……。

f:id:moge1967:20170423020917p:plain

目で訴え返される………。

f:id:moge1967:20170423020957j:plain

頑張る私…。

f:id:moge1967:20170423021054p:plain

もう勝てない……。

 

という事で今週は2つのレース、1点づつ買います。

予算はまさかの200円!競艇は1000円単位からしか入金出来ないけど競馬は100円単位から入金可能なんですよね…。

まぁ…やれないよりはマシか…今週はマジで諦めていたし。

…ということで次の項目はやっとこさ明日の競馬の予想です。

 

こんな小芝居書くのに時間かけて…なにをやっているんだ私は。

 

 7月29日にドラクエⅪが発売になるが…その前に  21:31

ドラゴンクエストⅪが7月の29日にPS4と3DSの2機種で発売になるのが今から楽しみなのだが、それを前にもう一つドラゴンクエストには楽しみが存在する。

それが『CM』。

ドラゴンクエストといえば、毎回その世界観になぞらえた実写版ドラクエCMが出る事で知られていますよね。

例えばこちらはドラゴンクエストⅧの3DS版発売時に公開された実写版CM。(ディレクターズカット長尺映像)


『ドラゴンクエストVIII』実写映像CM ディレクターズカット版

毎回、本当にクオリティが半端ない。

まだ、正式に…発表があった訳ではないのだが、ドラゴンクエストⅪにおいても当然ながら私は期待している。

日本のゲームを題材とし、世界観を崩さないキャスト、素晴らしいです。

アニメ、ゲームを題材とした日本映画が日本人キャストにこだわり過ぎて世界観を崩してしまう…というような失敗もせずに。

外国映画が日本のゲーム、アニメを題材としているのにアメリカンなオリジナル要素を取り入れすぎて失敗……なんて事もなく。

このドラクエのCMシリーズは全世界の今後、日本のゲーム・アニメを映画化しようと試みようとしてる全ての人達の教科書的存在になると私は思っている。

実際の所を言うとこのCMだって『コスプレ的』なのである。

でもそれに全く違和感を感じさせないと言う見事な再現力。

アニメ、ゲームの魅力を色濃く出すことに成功すれば、実写化は恐ろしいほどのポテンシャルがあるんだと言うことを証明しているのである。

ついつい世界観関係なく人気の俳優を起用して、それが世界観と全く合わず、結果的に謎のオリジナル要素を組み込んで大爆死する…という映画を時々見かけるが、世界感に合っていれば無名の俳優でも良いじゃない?むしろそこから大スターが生まれる可能性もあるのだから、その最初を担った映画として後世に残る映画が撮れる。

実は受け手側もそれを望んていると思うし、スポンサーが製作委員会がと色々なしがらみがあるのは理解しているが、そこを超えて100年残せるゲーム・アニメを原作にした実写映画が存在してもいいのになぁ…。これだけ『原作レイ◯』と散々、ネット界隈で色んな言葉を耳にするし、ネガティブ意見は直ぐにネットで行き渡る世の中である。

逆にその辺りを踏まえてネットの高評価を受けたら、それはとんでもない化物映画になる可能性だってあるのである。

おっと、いつの間にか実写映画に物申してるぞ、このまま行くと固有のタイトルが出てきそうでヤバいので、ちょっとに控える事にするよニーサン。

 

とにかくトラクエの実写CMは楽しみに一つである。

まさか、今回は無し……なんて事は無いですよね?スクエニさん。