読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじゅうろうの覚え書き

不治の中二病を患っている中年男『さんじゅうろう』の他愛のない覚え書きです。10年後には立派な黒歴史になっているかもれしない。

覚え書き日記『自分のアイコンをサムネにする時は基本的にノッてないと思う』(2017・5/02)

GWですねぇ……完全にダラダラですよ。昼過ぎからYouTuberカブキンさん・デカキンさん・MEGWINさんの競輪のYouTubeLIVEを観ながら、競輪をやった気持ちになる。

その後はボッーっとしていて、そこから眠ってしまったみたいである。

目を覚ましたのは19時前…多分18:50頃だなと時計を確認しながら寝ぼけている。

そして寝ぼけてボーッと座り込んでるうちに目が醒めてくる…。

自分、時計の短針と長針を見間違ていることに気づく。本当の時間は22時35分。

血の気が引く。実はもうすぐ1日が終わろうとしていたのだ。

一気に目が醒めてパソコンの前に座る。ブログのエディタを立ち上げて…キーボードに指をセット「おっしゃ、行くぞ!」と気合を入れるが書くことがなくて困っている。

さて、5月2日の日記の始まりだ。(現在時刻23:12)

 

 

もう1個ネタがあったが…  6:17

完全に爆睡してしまった。1個目書いて、その後にまた眠って、4時頃に起きて競馬ネタを書いて、気がつけば6時ですからね。もう『今日の…』というレベルじゃあないので、明日以降にまだ気持ちが熱かったら書こうと思います。

ちなみに書こうと思ったのは……

fujipon.hatenablog.com

ヒカキンさん本人は悲壮感はまったくないのだが、書いた方はそのハードワークっぷりをみて色々と思うところがあるようである。

 

捨てる時間もない、ということでゴミ袋に大量に入れられているブラックコーヒーを観ながら、「これって、企業や他人にやらされているとすれば、すごい『ブラック』な仕事だよな……」とか考えてしまいました。

『ヒカキン密着24時』を観て、「セルフブラック労働」について考えた。 - いつか電池がきれるまで

 そう他社から強いられていればそれは『ブラック』なんだが、YouTuberはヒカキンさんに限らず、別に誰かに強いられてる訳では無いのでこれを『ブラック』なんて呼び方をすれば、『忙しい人は全員ブラック』になってしまう、ネガティブな言葉を使ってネガティブな印象になってしまうのだ。

『好きなことで生きていく』と言うのは決して楽ではない。そんなことは誰でもわかる話。

正確に言うとこの言葉も『好きなことをするために生きていく』と改めたほうが良いのだろうが、それくらいは世間だってわかる話だと思う。

自分の思うままにならない事なんて沢山あるし、大変な事もあるんだろうけど、根っこの部分に自分のやりがいが存在しなければ、それこそただの『ブラック』

………なんてことを書こうと思ったけどね…。

考えると長くなりそうな話なので、折をみてまた書いてみようと思う。

 

NHKマイルカップの気になる馬   3:53

さて、天皇賞も外した、気持ちを切り替えて今週だ。今週から雑誌読み放題のサービスの中に入っていた、週刊Gallopが読める様になったので、私も心強い。

というわけで今週のGⅠは『NHKマイルカップ』東京競馬場左回りの1600m。

とりあえず、私が注目している馬を紹介。

アエロリット

前走桜花賞の時に私は3頭の馬をピックアップしています(ソウルスターリング・アドマイヤミヤビ・アエロリット)

その中でも次走もぜひ買いたいと思わせてくれた馬がアエロリット。この馬の末脚は相当切れると思います。しかも右手前で走ることが好きで、東京の左回りにはあっているのでは…と言う調教師のコメントもあり、今回の中では有力候補の1頭になっております。

カラクレナイ

そんな桜花賞でアエロリットよりも先着した馬がカラクレナイ。この馬の最後の脚はちょっと凄かったです。前走は道悪の特殊なケース、今回初遠征、初コースと少なからず不安もありますが、今回は鞍上がMデムーロ騎手という事なので、ますます目が離せない状況になっています。

ジョースクリクトリ

前走のニュージランドトロフィー(G2)を12番人気で勝利。確かにそこまでの競馬はいまいちパッとしない感があったのだが、前走においての内からの追い比べで前に出るという競馬は強かった。今回は鞍上に先週キタサンブラックで天皇賞を制した名手、武豊を迎えての一戦になる。それだけで優勝候補というのは心許ないが注目馬の1頭であることは間違いないと思いいます。

スズカメジャー

前走のニュージランドトロフィー(G2)は2番人気に推されての6着。

このレースは上位人気馬がこぞって脱落すると言うレースだと言うことを考え、あえて前走を考えない方向で行くとするならば、まだスズカメジャーも底を見せていない馬の1頭である。

6着だった前走もそこまで負けていたわけではなく先頭までは0.4秒差なので逆転も可能だと思います。

ディバインコード

前走は橘ステークス優勝。実績的は上位の馬ですね。デビューから7戦して全て3着以内。

2走前のアーリントンカップでは優勝馬ペルシアンナイト(後の皐月賞2着馬)の3着。

少々気になるのが前走から中1週と言うローテーションですが、この馬はかなり有力な1頭になりそうですね。

モンドキャンノ

前走スプリングステークスこそ大敗10着(2.3秒差)していますが朝日杯FSの2着馬です。

そこまでの成績はオール連対ですのでまだ前走だけで推し量れない部分が多くあります。

前走さえ無ければ普通に有力馬の上位の存在ですからね。今回はルメール騎手が鞍上と言うことで、気になりますね。

レッドアンシェル

今年のアーリントンカップがレベルが高いと判断するならば、そのレースで2着に入ったレッドアンシェルも有力馬の1頭になるだろうと思う。

マイル主に使われてる馬であるが、私はどちらかと言うと短距離と言う判断をしているのだが…、左回りは初めてなど、少し不安な要素が残るものの、ちょっとメンバーの中では気になる存在。

ミスエルテ

うーん……朝日杯FSで1番人気推されるも4着惜敗、ついで桜花賞では力が出しきれずに11着。少々割引要素が続いているだけに、ちょっと難しい気が…と思う。

確かに浅い経験、2走目でのファンタジーステークス重賞勝ちは評価出来るのだが……ただ人気は出そうな1頭である。この馬の取捨はもうちょっと時間が欲しいところです。バッサリ行っても良いのだけど、どうも引っかかる。

 

ざっくり言えば、ここまでの馬が私の中の第一印象で選んだ馬。

もう何頭か気になる馬はいますが、とりあえず本命と対抗はこの中から選ばれると思います。

そんな事を考えてるうちに直ぐに次の日曜日はやって来ますからね。

ホント一週間は早いなぁ…GWなんてあっという間である。

f:id:moge1967:20170502025428j:plain

 

 メルカリ…   23:28

現在、ネットで開けっぴろげにカオスになっているオークションサイトがある。

「メルカリ」である。

少し前は『ゲームのアカウント』が売っているなどリアルマネートレード(RMT)の温床の様に取り上げられていたが最近は『一万円が売っている』とか、その現金が出品を禁止されると『Suica』のチャージされたものが出品されるとか、『ピザポテト』がなんか驚きの価格で出品されているとか……今度は『妊娠しやすい妊娠菌が入った妊娠米』(根拠なし)の出品とかもう、ちょっと話題に事欠かない状態である。

news.yahoo.co.jp

うん、確かにこれはちょっと行ってはいけないLINEを過ぎてしまった気がする。

不妊で藁をも捕まりたいと思う方々を騙しているのだがら、ちょっと問題は闇は深い。

こういった感じで、何かが盛り上がると、その中でやりすぎる奴は必ず出てくる。

チキンレースでブレーキを踏まない状態である。でも、これも商品削除で終わっているから、チキンレースでブレーキを踏まなくても海に転落しても安全が確保されていれば、ブレーキを踏む必要が無いので、これからもエスカレートしていく事は間違いないだろう。

 

 

そして、私が久しぶりに『はてなブックマーク』に目を通してみると(おい)

かなり面白そうな記事があった。

こんなアイディアもあるんだと今度は少し感心してしまった。

ookichi.hatenablog.com

ざっくりと言うと出品者がアニメや漫画のキャラに『なりきって』落札者とLINEで会話をする権利、というものが出品されているらしい。

上記のブログ筆者は実際に購入した際の事をレポートしている。

こういう出品が次から次へと後を絶たないみたいで、今やネタの宝庫となってるみたいだ。

上の『なりきり』に関しても『理解した上』での事なので詐欺などではないのだが、それよりも権利者関係がちょっと気になる所である。特定のアニメキャラを使って金品のやり取りとなると著作権関係が多分関わって来ると思うのだ。

そのあたりは少し興味深く見守って行こうと思う。